多くの命を守ることができる地震予知に大注目!

災害で被害を少なくする

地割れ

災害に備える

事故や災害はいつ起こるか予測が出来ません。とくに、近年、被害が拡大している地震は、いつどこに起こるかわかりません。地震が起こらないと考えられていた、阪神の大震災や未曽有の大災害となった東日本大震災など、想定を大幅に超えた震災で、それまでの耐震基準をすべて無意味にした災害でした。現在のところ地震の予知はできないと言われていますが、被害を抑える意味と災害に強い街づくりのために地震の予測はされています。また、地震の揺れを感じると携帯端末からの警告や今後の津波予報、余震の予報などが伝えられます。テレビやラジオ、ネット環境などのメディアから震度の速報や高波の予報が告げられることによって避難の準備や災害時の行動が正しくとれるのです。

災害への意識

携帯端末の自身アラートやテレビやラジオの地震速報は震源地やマグニチュードを知ることで、その後の高波などの影響を想定し、避難に備えるための伝達でもあります。地震が発生すると、沿岸部の地域住民に高台に避難するよう、様々な伝達手段で伝えられます。携帯端末には携帯キャリアからアラートで即時知らせるサービスが提供されています。これらの速報や予報により、日本人の災害への意識が高まり、万が一被害を受けても即時、適切な行動が取れるようになってきました。震源地から遠く、揺れのない地区へも、速報や予報は伝えられ、災害への意識が高まります。震源地や震度の正しい情報を知ることが、その後の対策や被災地への協力、募金等の協力意識も高まるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加