多くの命を守ることができる地震予知に大注目!

予兆の情報収集がカギ

グラフ

地震が発生する前には、何らかの予兆現象が現れます。これらの予兆現象を捉えて地震を予知するという試みは古くから行われてきましたが日本でも同様にそのような研究が進んでいます。一方でこれらの予知を行うためには大量の情報を収集する必要があります。以前はこれらの情報を収集すること自体が大きなネックとなっていましたが、現代では情報インフラが整い、非常に安価に情報を収集することが可能になり、これらを利用して地震の予知を行うことも盛んになっています。一方で地震予知は気象庁の公的機関が行っているもののほか、民間業者も行っており、インターネット上で多くの情報を手に入れることができます。特に地震が予知できれば防災の対策ができ被害を最小限にすることができます。

地震予知の種類はさまざまな方法が考え出されています。例えば電磁波の異常を検知して行うものや地形の歪などを検出して行うものなどがあります。またソーシャルネットワークの書き込みなどから予兆情報を収集することで地震の予知を試みるところもあります。ただ地震を予知できてもその規模までは正確に予知することは難しいため、導入するさいには複数の情報を総合して見る必要があります。地震予知では無料で情報を提供しているところもありますが、無料の場合には速報性に劣ります。一方で有料で配信しているところでは速報性に優れるメリットがあります。費用そのものも安価なので、複数のサイトを利用することで、その精度を高めることができます。

地割れ

災害で被害を少なくする

事故や災害はいつどこで発生するかわかりません。予知のできない地震は、時に未曽有の被害を与えます。地震の速報や津波予報は、揺れを感じると速報として携帯端末やテレビメディアなどから速報として伝えられ、その後の的確な行動を促します。

地図

地震大国日本

地震が多い日本では、いろんな防災グッズが出回っています。また、地震の被害を少しでも食い止めるために必要な地震の予測も精度が高まってきているのです。これから先、関東地震が起こるのでは言われてきているため、備えをきちんと行っておくことも重要とされています。

グラフ

発生地域と情報収集

周期的に発生する海溝型地震は東日本大震災などにより認知度が上昇し、観測網も強化されている。我々も日常的な対策を怠ることなく実施しておきたい。一方、断層による直下型は予測が難しいが、緊急地震速報システムにより身を守るための行動ができる最低限の時間を確保できる可能性があるので、ぜひ活用したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加